30

30時間目 知識と経験、資金の「集中投資」こそ投資の最強鉄則だ!


30jikanme

30時間目 大きな利益を上げる秘訣とは!!

 投資部員である孝史は年率8%の運用益を達成するにはどのように投資を行うべきか、はっきりと確信しました。それは、長期保有でじっくりと利益を追求するのではなく、短期間で大きな利益を上げる必要があるということです。加えて、利益を大きく上げる秘訣は、現在の株式市況に「異議あり!」と申し立てることだと気づきました。ファイナル講座では、大きな利益を目指しているあなたにその方法をお届けします。

本当の投資

 この「異議申し立て」の真意はなんでしょうか。それは、みんなが安いと思っている株に「そうでない」と異論を堂々と展開すること、また、一般的な評価が低く見積もられている株を正当に評価することだと孝史は説明しています。つまり、割安な株に投資を行い、割高な株を避けることの大切さを説明しています。

 では、割安な株を見つけ出し投資で大きく利益を上げる銘柄選びのコツはあるのでしょうか。そのコツは、「将来有望な分野に進出している企業」、「社会的な需要を満たしている企業」を見つけ出して投資をすることだと一般的には言われています。でも、本当にそうでしょうか。あなたが一生懸命調べて有望分野や社会的な需要を満たしている企業を発掘した時には、残念ながら多くの投資家がすでにその有望性に気付いていて、あなたが人を出し抜いて先に投資できることは非常に低い確率だと断言できます。また、あなたがその分析の為に、多くの時間を割くこともかなり非効率的でおすすめしません。

 そこで、“より簡単に”、“より効率よく”有望企業に投資をして大きく利益を上げるコツを伝授します。それは、「有望な分野に見つけ出しすぐに進出できる企業」、「社会的な需要を事前に感じ取ることができる企業」を探し出しその企業に投資をしておくことです。つまり、大きな変化に対応できる有望企業の「青田買い」を行うことが大事なのです。ではなぜ、青田買いが必要かというとそれは株価の動きが関係しているからです。株価は、業績にプラスになるニュースが出た瞬間が一番大きく上昇する習性があります。ほんの数時間や数日しか上昇するチャンスはありません。その状態を「上放れ」といい、利益を大きく上げる投資家はこの「上放れ」する瞬間を絶対に逃しません。また、この青田買いで大きく利益を上げるには欠かせない3要素と1つの投資行動があります。それは、「知識」、「経験」、「資金」の3要素と「集中投資」の投資行動です。
 投資の達人は、一つの分野に集中して学び、そして精通し特定分野に「知識」と「経験」と「資金」を「集中投資」することができます。これこそが投資の世界において最強の鉄則なのです。

 ちなみにこの鉄則を身につけていないと、業績に関わるニュースを聞いた後に、それから企業を分析して、それから適正価格を分析することになり、この「上放れ」で利益をあげることはできません。この鉄則を1日でも早く身に付け短期で利益を上げる力を育んでください。

今日の鉄則
有望分野に進出している企業でもなく、社会ニーズを満たしている企業でもなく、有望分野や社会ニーズをすぐに捉えすぐに進出できる企業を発掘する「知識」に、「経験」、「資金」を「集中投資」することが利益を上げる大切なコツです。

→投資で大きな収益を上げるには、株価が跳ね上がった瞬間を捉えるしかありません。